パパ活アプリで本当にお金がもらえるの?

私がパパ活をしようと考えたことは、今まで熱心に仕事をして自らお金を儲けていましたが、結婚を機会に専業主婦になって、お金の自由がなくなったためです。

 

夫はとても好きだったですが、夫の仕事関係で専業主婦がならないではいけなかったこともあって毎日夫に合わせた生活です。 夫は、朝はやく仕事をしに行って夜遅くに戻って帰ってくるという生活スタイルでした。

 

子供はもちろんで妊娠もしなくなっている状態(イムムファルチュン)での専業主婦. 毎日暇で暇で、しかしお金がないので何もできない。 そのような状態繋いだので仕事のためにはない副業的であるとお金を望むと考えてパパ活を始めました。

 

結婚をしているのにもなんだか孤独にも感じていたということも理由かも分かりません。

 

パパ活そうだといっても初めにはパパ活という言葉を曖昧な感じとしか分からない私は、「ひま潰し感覚でお小遣を儲けられると・・」程度である感覚でひま潰しアプリ 「隙間チャット! ひま潰しトークアプリ」で金銭的援助をするような男性を探していました。

 

アプリ検索欄で“チャット“煮込んで検索すれば1番の上に(で)出てきたためがアプリを分かって使いました。

 

ひま潰しアプリにはプロフィールだと話すことができる程のプロフィールはなくて、ニックネーム・年齢・出身地を知っていることだけの簡単なことでした。 名前とおり“ひま潰し“のせるのでチャットと同じ感じで使います。

 

例えば「お金を望む」と私が打てば「私も望む」 「引き続き望むの? 」等だとした感じで誰でも書き込むことができます。 それで男性に送ったメッセージなどはなくて、私が「資金援助する方ないですか? 」と書き込んだことだけです。

 

それに対して男女が「分かる」 「住みか大具申」等だと書き込んだ感じです。

 

色々な人とチャットをしていましたが、メッセージをあたえる電源がお金を与えそうでないだけなのか派手でけばけばしいイヤギペンで、派手でけばけばしい話がそれほど最も自信がなかった私はひま潰しアプリを起動する毎度に「ここは気分が悪い男しかないことだ」と考えていました。

 

そのようなある日、インターネットでインターネット サーフィンをしていればパパ活アプリの広告が出てきました。

 

広告には「パパ活してみませんか? 色々な男性が登録しています」と記載されていて,この文言を見た私は「パパ活?? 」 「パパ活がお金になるの? 」尋ねる反応です。

 

パパ活という存在を曖昧な数の外に分からない私ですが、パパ活アプリのインターネット広告を見てパパ活に対して詳しく調査しました。 それなら、食事をしたり、お互いの条件に合っていればお金を受けることができるなどだときれいだというのを分かりました。

 

「ひま潰しアプリより、こちらがまもなくお金を援助してくれるパパが探すかも!? 」と考えました。

 

パパ活を具体的に分かった後は「パパ活アプリ」とネット検索をして、人気人パパ活専用アプリ”【ペイタジュ】”に登録. プロフィールには「専業主婦のために外に活動に行くことが難しくて、お小遣を儲けたく始めました」と書きました。

 

偶然に出てきたパパ活アプリの広告によって本格的にパパ活を始めることになりました。

 

パパ活専用アプリに登録をすることが初めてだった私はパパの探す方法などもちょっと知らずに、登録をした3週であるほどは自身から男性にアプローチをする必要はありませんでした。

 

そのようなある日ふと「何もしないままはならない」と考えて同じ地域の男性を探して自身からアプローチをかけたりしました。 内容は「はじめまして。 同じ地域に住んでいるので気にかかってメッセージを送りました。 良かったら話から始めませんか? 」です。

 

しかし多くの男性がお金と変えてからだの関係を願っていたため、相手側から来るメッセージは全部「からだの関係はどうですか? 」と話したような内容だけでした。

 

私は既婚者で夫をとても好きなので初めからからだの関係パパ活は要求しないでいて、食事やデートをしてお金を受けたかったです。

 

そのような私で対しからだの関係を追求してくる人が多くて、「既婚者であるからからだの関係は少し…」と断れば「手であるからお金を受けることができると考えるな」と罵声を浴びせることができたこともありました。

 

自身からメッセージを送ったことは15人ほど. その私の5人程度から回答メッセージがきましたが、全部からだごと的だったため私は返事を送らなかったです。

 

相手からメッセージが来たものは6人ですが、その私の3人は、やはりからだの関係を要求するということでした。 「Hは好きだ? 今回の会わないの? 」という感じのメッセージです。

 

そうであった中で「はじめまして! 良かったら話しませんか? 」でも、「はじめまして! 既婚者ですか? 」と一体の関係を追求しない内容の男性が2人いました。

 

その2人とメッセージの交換を及ぼしましたが、最終的にふるいの関係を要求されたのでメッセージの交換を止めました。 しかし、その後、1人の男性からからだの関係なくメッセージが到着して、話が続いたので会うようになりました。

 

 

パパ活アプリに登録して2ヶ月が過ぎようとしていた時です。

 

その人は同じ地域に住んでいる人で初めには「少し話しませんか? 」とありふれているメッセージが到着しました。 「どうせ最終的にふるいの関係を要求されるということだね」と考えながらもそのメッセージに返事を送りました。

 

この方も既婚者だったため、お互いの家庭の話や日の話、他愛もない話などをして楽しい交換ができました。

 

 

連絡を取って始めてから1ヶ月が過ぎようとした時、「なぜパパ活を始めたの? 」と聞こえて、私は専業主婦だということと、お金に自由がないためお金を望むというのを正直に伝えました。

 

すると「私の子供は高校生で、ほとんどの育児も終わったようなことなので私で良ければ資金援助しようか? 」と話してきました。

 

こういう簡単に“パパ “この探すと考えないでいたので嘘だと考えて、私は「お金は望むがからだの関係を持つことはできません」とメッセージを送れば「妻今でも好きなのでからだの関係は望まない。 団地会話が食事をしたり、デートをすることだけで良いです」と何かやさしい話をいいました。

 

「何か良い人だ」と考えた私はこの男性をパパにすると決めました。

 

このパパでの目的は「一緒に楽しむことができる方」というおおらかな物でした。 夫人が好きなのに【ペイタジュ】を使われていた理由は、夫人はとても好きだが、交錯することを感じることになったためだといいます。

 

運良く好意的に資金源組を自称して出たので、お金を受けるために考えを絞り出した点などは一切なくて、男性多様だと話した感じで突然にパパ活はうまくいきました。

 

私がこの紳士(新沙)をパパになるようにすると決めて2週間程度した時、相手の側からデートの誘惑がきました。 その誘惑は本当に単純なことに、「今回のいつ隙間? 初めてのデートしてみないの? 」というということでした。

 

この人が良い人というのを知っていた私は「0日ならば暇です」と返事を送って、デートの誘惑を受けて5日後に実際に男性と会いました。

 

約束場所は私が生きている地域に1番近くの駅だったことですが、実際に会う前に互いに顔写真を互いに送っていたため駅に会うことにすることをしてまもなく相手に見抜くことができました。

 

男性は写真受け取りが良くなかったことなのか、写真では鮮明でないおじさんのような感じだったことですが、実際に会ってみれば嵐のオノ・サトシさんをどこか知らずに似ていて「写真より実物側が素晴らしい」と感じた印象(引き上げ、人相)でした。

 

初めからぶさいくでなければ良いと考えていたため顔はそれほど心配していなかったですが美男で良かったですw

 

そしてそれほど女性慣れていないで、私が話しかけたり、少しボディータッチをすればまもなく顔が真っ赤になって、私よりも遠く年商(連想)だが、なんだかそのような一面に「可愛い」全部考えました。

 

 

会ってからはパパ活アプリで話していた距離体の関係は一切なくて、会うことにすることをある逆意近いカフェで車(茶)をしながら他愛もない話をして4時間程度で解散しました。

 

カフェで4時間程度しか車(茶)をしないでいるが、「気持ちなので。 これで好きな一年も」と3万円も与えました。

 

パパ活アプリでは「車(茶)をすることだけで1万円はどう? 」と話して、互いに納得をしてこの日は会ったのに、船以上のお金を与えて私はすごく驚きました。

 

私が初めてのパパ活だったから、金銭的援助として気持ちで3万円与えたものと考えます。

 

やさしい男性なので、なんだかこのようにお金を迎えることに申し訳なくなってしまいましたが、戻る時に「これからはボーリングに行こう」と、また、デートの誘惑をしました。

 

互いに既婚者ということもあっていつ見つけられてならなくなるということなのかも分からないので、会う毎度にお金を受けるシステムでした。

 

付け加えようとするなら、会うのはパパの金銭的余裕や、お互いの予定などでその月によって違うものですが、少なくとも月にハン・バン程度のペースで会っていました。

 

今まで13回程度会いました。 ? 車(茶)をしたりショッピングをしたり食事をしたりしました。 からだの関係は一切なくて手も連結していません。

 

そのようなある日、「今は金銭的援助をできない」という報告があってパパ活は終了しました。 夫人が癌になってしまったようです。

 

「このように良いパパは明らかにあるんじゃない」と考えて、このままパパ活での良い思い出として残したくて、これを機会にパパ活を止めて今は今までとともに専業主婦として私は家を守っています。

 

私が考えるパパ活が良かった所は、良いパパに会うことができて金銭的に余裕が出たことはもちろんなのですが、専業主婦だった那覇街と関連するということの楽しみを変更して実感できられました。

 

パパに対しても良いと話す感情は一切ないですが次のデートが期待されられる、受けたお金でおしゃれな人をしたり人間としての楽しみを取り戻すことができたような気がしました。

 

反対にパパ活をしていて悪かったことはやはり夫への罪悪感でした。 お金欲しいということと、ひま潰しとして始めたパパ活でしたが、夫をとても好きな私からすれば、パパ活自体は楽しかったですが、パパ活中は夫への罪悪感がずっとありました。

 

しかし、人生の経験としてパパ活をしたことはまちがいではなかったと私は考えています。